日本動物特殊診断株式会社 |マイコプラズマ|生体試料|遺伝子検査|分析| 

 
   
ご注文前の注意事項はこちら
 
マイコプラズマとは?   __
マイコプラズマとは
 
 
 
      
   
分析メニュー
分析項目 分析法 対象微生物 分析開始日 報告 検体種類 冷凍 冷蔵
(A)
マイコプラズマ属
PCR
PCR Mycoplasma spp.
月曜日
 または_ 
金曜日
金曜日
 
火曜日
 
 
10ml程度必要
×
(B)
マイコプラズマ
ボビスPCR同定
PCR M.bovis
 
上記のオプションメニュー
分析項目 分析法 対象微生物 分析開始日 報告 検体
(A)
マイコプラズマ
8菌種同定
PCR M.bovis
M.bovirhinis
M.dispar
M.bovigenitalium
M.canadense
M.arginini
M.alkalescens
M.californicum
PCR分析
 
 
 
PCR分析後
3〜4営業日
 
 
 
同一検体で分析
(A)
マイコ・
ボビス同定
PCR M.bovis
(A)(B)
マイコ寒天培養
培養 Mycoplasma spp.
PCR分析後
約14日
※同じアルファベットのオプションメニュー(表中のAまたはB)であれば同一検体でお申し込み可能です。
 
※マイコプラズマとコロニー形態が類似する近縁のアコレプラズマ属は検出されません。
 
※マイコプラズマ属PCRで陽性の場合、8菌種同定を追加試験することを推奨します。
 
※乳1本でマイコプラズマ属とSAを同時に分析可能な
お得なセットサービスをご用意しております。詳しくはお問い合わせください。
 
※バルク乳はBVDも同時に分析可能です。ご希望の場合は500ml冷蔵で送付ください。
 
※サンプルは午前着指定にてご送付ください。
 
ご報告日が休・祝日となる場合、翌営業日でのご報告となります。
 詳しくは営業カレンダーをご覧ください。
 

マイコプラズマ分析サービス検体送付方法

マイコプラズマ分析サービス検体送付方法
 
マイコプラズマ分析のサンプル送付の際、輸送時に蓋が空いてしまう事故が多発しております。
その為、スピッツ管はスクリュータイプのものを推奨しています。
 
詳しい送付方法は下図をご確認下さい。
 
【乳マイコプラズマ分析】
容器 送付方法 備考
スピッツ管(スクリュータイプ 冷凍
・乳は7分目程度入れてください。
・ご注文シートに記載して頂いた通し番号や個体番号
 検体にも記入してください。
・20本程度を束にしてください。
smiley
 
 
 
<<日本動物特殊診断株式会社>> 〒061-1374 北海道恵庭市恵み野北3丁目1番1 恵庭リサーチ・ビジネスパークセンタービルE-304号 TEL:0123-25-5886 FAX:0123-25-5887