日本動物特殊診断株式会社 |マイコプラズマ|生体試料|遺伝子検査|分析| 

 

動物園 水族館様向け特別企画

   
smiley
   
 
   1.アルギニン
 2.グルタミン
 3.シトルリン
 4.アンセリン
 5.セリン
 6.アスパラギン
 7.プロリルヒドロキシプロリン
 8.4-ヒドロキシプロリン
 9.3-メチルヒスチジン
10.1-メチルヒスチジン
11.グリシン
12.グリシルプロリン
13.スレオニン
14.β-アラニン
15.アラニン
16.サルコシン
17.δヒドロキシリジン
18.γ-アミノ酪酸
19.β-アミノイソ酪酸
20.α-アミノ酪酸
21.オルニチン
22.カルノシン
23.メチオニン
24.プロリン
25.リジン
26.アスパラギン酸
27.ヒスチジン
28.チオプロリン
 
29.バリン
30.グルタミン酸
31.トリプトファン
32.α-アミノアジピン酸
33.フェニルアラニン
34.ロイシン
35.イソロイシン
36.アミノピメリン酸
37.シスタチオニン
38.シスチン
39.チロシン
40.キヌレニン
 
 計40項目
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
   
                                                                                                                                                                       
 
  マウス
ラット
モルモット
イヌ
ネコ
ウシ
ウマ
クマ
ゾウ
カンガルー
セイウチ
アザラシ
トド
アシカ
イルカ
ブリ
 
 
 
 
                                                                                                                                                                       
 
   
wink
 
 
アミノ酸(40項目)
 
  メチルヒスチジンは骨格筋のエネルギー動員の指標になります。栄養学的な
充足率の把握はもちろん、エネルギー代謝の季節変動、冬眠時の生理変化を
解き明かすなど、成分分析は強力な評価ツールになります。
 
                                                                                                                                                                       
   
angel
 
 
ビタミン(A, E, βカロテン)
 
 
ウシでは血液中β-カロテンが繁殖成績と密接に関連することが分かっています。
血液中の脂溶性ビタミンを指標とした繁殖コントロールは、ノウハウと
呼ばれた飼養管理技術をエビデンス化する新しいアプローチです。
 
                                                                                                                                                                       
   
cool
 
 
生体アミン(5項目) ・コルチゾル
 
 
セロトニンやドーパミンは感情と、コルチゾルはストレスと密接に関わります。
これらホルモンに軸足を置いた研究は、展示動物ではほとんど行われていま
せん。成分分析は新しい発見をもたらし、生命科学の発展を支えます。
 
 
 
   
 
 
検体種類  血清・血漿・尿・乳・組織ホモジネートなど 液体なら なんでもOK!
必要量  0.1 ml以上
測定法  高速液体クロマトグラフ質量分析 (クロロギ酸プロビル誘導体化)
定量限界  0.2 nmol/ml
ハンドリング  検体は調製後速やかに冷凍してください。また、保冷剤やドライアイスなどを
 同梱した状態で、冷凍下で弊社まで輸送してください。
分析対象
 アルギニン, グルタミン, シトルリン, アンセリン, セリン, アスパラギン,
 プロリルヒドロキシプロリン, 4-ヒドロキシプロリン, 3-メチルヒスチジン,
 1-メチルヒスチジン, グリシン, グリシルプロリン, スレオニン, β-アラニン,
 アラニン, サルコシン, δヒドロキシリジン, GABA, β-アミノイソ酪酸,
 α-アミノ酪酸, オルニチン, カルノシン, メチオニン, プロリン, リジン,
 アスパラギン酸, ヒスチジン, チオプロリン, バリン, グルタミン酸, トリプトファン,
 α-アミノアジピン酸, フェニルアラニン, ロイシン, イソロイシン, アミノピメリン酸,
 シスタチオニン, シスチン, チロシン, キヌレニン
 
 
 
検体種類  血清・血漿
必要量  0.1 ml以上
測定法  高速液体クロマトグラフィ分析
定量限界  0.5 µg/dl
ハンドリング  検体は強い光へのばく露を避け、調製後は速やかに冷凍してください。検体は
 アルミホイルなどで包んで遮光した状態で、冷凍下にて輸送してください。
分析対象
 ビタミンA, ビタミンE, βカロテン
 
 
 
検体種類  血漿・組織ホモジネート・餌など 液体なら なんでもOK! (血清をのぞく)
必要量  0.2 ml以上
測定法  高速液体クロマトグラフ質量分析 (クロロギ酸プロビル誘導体化)
定量限界  0.05 pmol/ml
ハンドリング  検体は調製後速やかに冷凍してください。また、保冷剤やドライアイスなどを
 同梱した状態で、冷凍下で弊社まで輸送してください。
分析対象
 セロトニン,  アドレナリン, ノルアドレナリン, ドーパミン, L-Dopa
 
 
 
検体種類  血清・血漿・生体組織
必要量  0.2 ml以上、組織100 mg以上
測定法  液体クロマトグラフタンデム型質量分析
定量限界  1 pg/ml
ハンドリング  検体は調製後速やかに冷凍してください。弊社までの輸送は冷凍下で、また、
 必ず十分量のドライアイスを同梱してください。輸送に際してはドライアイスが
 同梱されていることを運送会社様にお伝えください。
分析対象
 コルチゾル
 
 
   
                                                                                                                                                                       
 
 恐れ入りますが、容器代や輸送費用、通信費はご負担ください。
 
 報告はE-mailにてお知らせいたします。必ず、弊社からのお知らせが
 受信できるE-mailアドレスをご記入ください。
 
 コルチゾル分析は 株式会社あすか製薬メディカル様に再委託します。
 
 ご報告までは、コルチゾルを除き、検体受領日から14営業日以内です。
 コルチゾルは1ヶ月以内にご報告申し上げます。
 
                                                                                                                                                                       
 
 
<<日本動物特殊診断株式会社>> 〒061-1374 北海道恵庭市恵み野北3丁目1番1 恵庭リサーチ・ビジネスパークセンタービルE-304号 TEL:0123-25-5886 FAX:0123-25-5887